禿げる原因に遺伝が関係?

禿げの原因とは?

世の中には、禿げる人もいれば禿げない人もいる…
髪の毛の問題は見た目に大きく関わりますから、はげていたり薄毛になっている人にとっては大変深刻な悩みですね。
では、禿げる原因は一体なんなのでしょうか。

 

それは「禿げる人もいれば禿げない人もいる」ということ、つまり遺伝が関係していると言えそうです。
諸説いろいろありますが、禿げるかどうかの遺伝子は母親側の遺伝が強く関係していると言われています。
禿げに遺伝が関係あるとすれば、もちろん母親だけでなく父親の遺伝子も関係してくるわけですが、どちらが強く作用してくるかと考えた場合は、母親側の遺伝子が強く出ると言われています。

 

ただし、「母親側が薄毛だから自分も禿げる」「父親が禿げているけど、父親だから禿げにくい」というわけではありません。

規則正しい生活をすることで禿げの改善に繋がる

「遺伝しやすいかしにくいか」というだけの話であって、必ず遺伝するとは限らないのです。

 

つまり、不必要に悲観する必要はないけれど、かといって油断も禁物だということ。
ただ、顔や性格、体質がなんとなく親に似てくるように、禿げに遺伝が関わっているのも間違いないことだとすれば、それを避けるためにできることはたくさんあるはず。
規則正しい生活頭皮環境を清潔に保つことなど、日々の生活を乱さなければリスクはぐっと下がりますから、悲観も油断もせずに生活をすることが一番の特効薬かもしれません。

禿げる原因と遺伝とライフスタイル

禿げの原因には生活習慣も含まれている

禿げる原因に「遺伝が関係している」ということは否めません。
禿げの遺伝子は母親側が大きく関係していると言われていますが、では父親がはげていても自分ははげないかといえばそういうわけではないからです。
しかし、それを「遺伝」という言葉でひとくくりにするのではなく、ちょっとした生活の見直しで解決できることもあるようです。

 

というのは、禿げと生活習慣は密接に関係しているからです。
禿げの遺伝ももちろん関係がありますが、それには「生活習慣」も含まれる場合もあるようです。

 

つまり、薄毛や禿げの両親の生活習慣を見て育っていると、いつのまにか自分も両親のライフスタイルが似てきてしまいますよね。
そのライフスタイルに禿げが進んでしまう原因があるのだとすれば、その生活習慣を見直すだけで状況が改善してしまうこともあるのです。

生活習慣の改善で禿げを予防する

たとえば、偏った食生活遅寝遅起き入浴をさっさと済ませるストレスが多い…などのライフスタイルが薄毛や禿げの両親と似ているということはありませんか?
両親の薄毛や禿げの原因がここにあり、自分のライフスタイルがそういった生活をしている両親に似ているとすれば、これらをぜひ改善する努力をしてみてください。
多くの場合で軽快、または改善できると言われています。

 

遺伝のせいにして諦めることは簡単です、が、その前にできる手は尽くしてみるのも一つの方法ですよね。